タコ・ウオノメ の治療 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
恵比寿駅徒歩2分 各種保険取り扱い

tel:03-5489-0333
月 - 金 11:00 - 20:00 土・祝 10:00 - 19:00

畆

タコ・ウオノメ

タコ・ウオノメ

窮屈な靴、長時間の歩行、足の変形、歩き方の異常、年を取ったり病気などによって脂肪組織が減少したり、浅い所に固い骨や関節があるなど特定の場所の皮膚への慢性的な刺激により、皮膚の角質が厚くなったものがタコ、角質が厚くなり中央部が楔形に芯を作り痛みを伴うものをウオノメといいます。

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    カウンセリング

    医師とのカウンセリングの中で 十分に話し合い、症状に合わせた 治療法をご案内します。

    1
  • 施術・検査
    施術・検査

    症状の程度に合わせた各種治療を行います。

    2
  • 経過観察
    経過観察

    症状をみながら、定期的に診察、治療を行います。

    3

主な治療方法

原因となる圧迫を可能な限り除去することが最も大切です。ウオノメの場合は歩行時の痛みをとる必要があります。
対症療法として、ニッパーやヤスリなどでタコ・ウオノメを削り取ります。
スピール膏や角質軟化剤などの治療を併用し、角質を軟らかくしたあと中心部の“眼”の部分だけをメスやハサミなどで除去します。
治療に関するよくある質問
タコ・ウオノメが再発します。
窮屈な靴、長時間の歩行、足の変形、歩き方の異常などタコ・ウオノメの原因は生活習慣にある場合が多いです。これらの生活環境をできる限り改善することが再発予防となります。
治療は痛みますか
皮膚を削る治療ですが、痛みはほとんどありません。ウオノメの場合はスピール膏というシールを貼り、角質層がふやけて白く柔らかい状態にしてから、芯を削りとります。

ご相談・お問い合わせ

この症状または施術に関するのお問い合わせは、下記より必要事項を記入の上送信してください。
※お急ぎの方のご相談はお電話(03-5489-0333 月-金11:00-20:00 / 土・祝10:00 - 19:00)にてお問い合わせください。*は必須項目

お名前 *
お電話番号 *
メールアドレス *
ご相談内容 *