恵比寿駅徒歩2分 各種保険取り扱い 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科

OPEN 月 - 金 11:00 - 20:00
土・祝 10:00 - 19:00
13:00~14:00は休診時間です
当院は予約優先制です。
皮膚科Dermatology

できもの(粉瘤、ほくろ)除去

できもの(粉瘤、ほくろ)除去

皮膚は表皮、真皮、皮膚附属器から構成されます。皮下には脂肪組織、結合繊、血管、リンパ管などがあり、これらを発生母体として、さまざまな腫瘍が発生します。腫瘍とは自律性を持った過剰な発育をする病変で、良性と悪性があります。良性、悪性の違いは、腫瘍細胞の浸潤度、増殖速度、転移や再発の有無、宿主に対する悪影響の程度などの総合判定によって決まります。粉瘤(ふんりゅう)は、最も頻度の高い良性腫瘍で、皮下に皮膚成分を含んだ袋があり、中にはアカが入っています。皮膚・皮下腫瘍の治療にあたっては、まず正しい診断が必要です。部位、大きさ、性状などから最も適切な治療法をご提案いたします。
※完全に美容目的のものは自費診療となります。

chat_bubbleこんな症状の方はご相談ください

●皮下に膿がたまりの腫れや痛みがある方
●最近ほくろの数が増えてきた方
●ほくろがおおきくなってきたと感じる方

当院では形成外科専門医が施術に当たるため、傷跡をより目立たなく施術することが可能です。
※経過には個人差があります。ほくろ除去の参考症例はこちら

edit主な治療方法

● 保険診療

手術にて切除を行います。切除した検体は病理組織検査を実施し、良悪性の判断を含め正しく診断いたします。部位によっては皮弁形成術などを併用した方が、傷がきれいになる場合があります。

● 自由診療による治療

ホクロなどの場合、炭酸ガスレーザー治療を行えます。病理組織検査が望ましいと考えるものや、大きいため切除・縫縮が望ましいと考えるものは保険診療で手術いたします。

list治療の流れ

  • カウンセリング

    1.カウンセリング

    医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、部位、大きさ、性状などから最も適切な治療法をご提案いたします。

  • 施術・検査

    2.施術・検査

    局部麻酔を行ったうえで、腫瘍を切除します。必要に応じて病理組織検査を実施し。良悪性の判断を含め正しく診断いたします。

  • 経過観察

    3.経過観察

    部位、大きさ、性状などにより施術後の対応が変わります。カウンセリング時に状態に合わせた術後の過ごし方をご説明いたします。

forum治療に関するよくある質問

できもの・ほくろ除去は、1回の治療で取り除けますか?
keyboard_arrow_down
切除する個数によりますが、1回の治療で取り除くことができます。
治療時に痛みはありますか?
keyboard_arrow_down
局所麻酔を施術前にいたしますので、麻酔の注射が少しチクっとしますが、切除の際に痛みはありません。また、麻酔が切れた後も傷口は小さいためほとんど痛みを感じることはありませんが、多少の内出血、腫れ、赤み、熱感などがでることもあります。個人差はありますが、いずれも数日で治まることが多いようです。
ほくろ除去は、レーザー治療とメスを使う治療のどちらよいですか?
keyboard_arrow_down
ほくろの場所や深さ・形により、どの方法が適するかが違います。 どのようなホクロにどのような方法が適するかは、受診された上で医師にご相談ください。
ほくろ除去がはどのような場合保険適用となりますか?
keyboard_arrow_down
1)悪性の疑いが高いほくろや放置すると危険と思われるほくろの除去
2)切除した検体から病理検査を行う場合
3)ほくろにより、何らかの生活に支障をきたす場合(ひげがそれない、痛みがあるなど)
最終的には医師の診察の上判断いたしますので、お気軽にご相談ください。
傷跡は目立ちますか?
keyboard_arrow_down
傷跡が目立たないよう丁寧な切除をいたしますが、施術後の過ごし方によっては傷跡が目立つ場合がございます。傷跡が目立たないよう治癒するための術後の過ごし方を施術後にご案内をしております。
皮膚が陥没する事はありませんか?
keyboard_arrow_down
小さいほくろの除去の場合はほとんど皮膚が陥没することはありません。大きなほくろの除去の場合、陥没が目立たないよう縫合などをいたしますが、多少窪んだ感じは残る場合がございます。傷跡が目立たないよう治癒するための術後の過ごし方を施術後にご案内をしておりますので是非ご相談ください。
術後、翌日には化粧は可能ですか?
keyboard_arrow_down
一般的なファンデーションは、患部がジュクジュクしている間はお控えいただいています。但し、傷跡にすぐ塗れるファンデーションであれば施術直後から可能です。

import_contactsドクターコラム

ふんりゅう(粉瘤)は、傷や毛穴が詰まったりして細胞の垢がたまり、袋状になっているのです。最近に感染しやすいため、早めの治療が望ましいです。
治療法は、感染による炎症がない場合は、手術で袋ごと取り除くのがよいと思います。放置しておくと感染による炎症性粉瘤になることがあるのでそうなる前に取り除いた方がよいです。炎症が生じ化膿している場合は、皮膚を切開して中の膿と垢のかたまりを出す必要があります。その際、感染・炎症を抑える抗生物質の投与も必要です。
また、治療の際に気をつけなければならないこととしては、袋状になっている粉瘤の袋を完全に取り除くことです。粉瘤の袋を完全に取り除くことができれば、その部分の粉瘤に関しては再発せずに治りますが、炎症性粉瘤の場合、袋の境界が不明瞭になっているため、炎症が治まるのを待ってから袋を取り除かないと再発することがあります。まためったにありませんが、炎症を繰り返すと粉瘤の袋の壁から皮膚癌が発生することがあります。粉瘤が大きくなってからあるいは炎症性粉瘤になってから取り除くのは、治療に手間と時間がかかりますし、傷跡も目立ちやすくなります。ですので粉瘤があるのに気づいたら、いじらないで早めに受診するのが得策です。

email治療に関するご相談・お問い合わせ

この症状または施術に関するのお問い合わせは、下記より必要事項を記入の上送信してください。
お急ぎの方のご相談はお電話(03-5489-0333 月-金11:00-20:00 / 土・祝10:00 - 19:00)にてお問い合わせください。
は必須項目

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご相談内容

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

当院について

当院は皮膚科・形成外科から本格的な美容医療にも対応できる、美容皮膚科・美容外科に対応したクリニックです。日常的な診療から、高度な医療を要する治療までサポートしております。

  • 平日夜8時まで診療

    平日夜8時まで診療

    会社帰りにも気軽に診療を受けられます。

  • 日帰り手術に対応

    日帰り手術に対応

    ご要望に応じて日帰り手術が可能です。

  • 個室を完備

    個室を完備

    小さなお子様連れでも安心してご利用いただけます。

  • ライフプランにあった施術

    ライフプランにあった施術

    ご要望に合わせた最適と思われる診療方針を提案させていただきます。

  • 保険診療

    皆様の美容や健康をトータルにサポートするため保険診療にも力を入れております。保険適応が可能な症例には、保険を利用して施術や診療を行っております。

当院の診療は予約優先制とさせていただいております。 直接ご来院いただいた場合には診療までにお時間をいただく場合がございますので、ご予約をしていただくことをお勧めいたします。