鼻中隔延長による施術 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
恵比寿駅徒歩2分 各種保険取り扱い

tel:03-5489-0333
月 - 金 11:00 - 20:00 土・祝 10:00 - 19:00

美容外科

鼻の施術

鼻中隔延長

鼻中隔延長術とは、左右の鼻の穴の間にある鼻柱という部分を下方に延長し、華麗で優雅な印象の鼻を形成する手術です。 いわゆる「矢印鼻」というのを形成する手術です。 しかしこの手術はほんの少し継ぎ足して鼻柱を下に下げればいいことのように見えますが実は、大変難しい手術の一つです。

こんな症状の方はご相談ください

こんな症状を感じられる方は一度ご相談ください。

●短い鼻を延ばしたい方
●上向きの鼻を下に向けたい方
●正面から鼻の穴を見えないようにしたい方
●鼻尖を高くしたい方
●シャープな鼻尖にしたい方
  • 施術前
    施術前
  • 施術後
    施術後

施術イメージ

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    カウンセリング

    医師とのカウンセリングの上、最適な施術方法の検討をいたします。

    1
  • 施術・検査
    施術

    患者さまに合った形で施術を行います。軟骨採取箇所により、採取部位に傷が残る場合があります。

    2
  • 経過観察
    施術後

    ダウンタイム5~7日 術後5~7日間ギプス固定となります 抜糸7日目となります。施術後の対応は軟骨採取箇所などにより変わってきます。詳しくはカウンセリング時に術後の過ごし方をご説明いたします。

    3

主な治療方法

鼻の上部は土台が強固な骨ですが下部は軟骨で形成されています。 この部分をシリコンなどの異物を使って形を作ろうとすると、土台が弱いために容易に変形したり、シリコンが皮膚の外まで出てきてしまったり、その他諸々の重篤な合併症を引き起こすことがあります。 そのため、この鼻の下部を形成する場合は必ず、自分の体の骨組織を採取し、使用して鼻中隔を延長します。 主に使用される組織以下になります。
鼻中隔延長術
■肋軟骨
強度もあり大変いい軟骨が採取できるのですが、採取の際に胸に傷が出来るのと、気胸という肺に穴が開いてしまう病気を併発してしまうことがあります。

■耳介軟骨
耳の裏から採取をすることにより、傷はほとんど目立たなく、また合併症もほとんどないので、大変良い移植材料なのですが、強度が若干弱く、鼻柱の下方への移動量を多く望む場合、形成が困難なことがあります。

■鼻中隔軟骨
強度もあり、また、鼻の形成をする際の傷跡から採取できるため、その分新たな傷跡を作ることがありません。しかし、鼻中隔軟骨というのは鼻の深いところにあるため、出血した際のコントロールを考慮すると、全身麻酔が必要になります。
これらのことを、それぞれの患者さんの要望を聞きながら検討し、採取部位を決定していきます。採取部位が決まったら、後はそれを採取し、軟骨を組み合わせていくことにより、鼻を形成していきます。この採取した組織の形成が、美しい鼻を作る際にもっとも大事であることは言うまでもありません。 当院では、それぞれのケースやご要望にあわせ、適切な方法をご提案させて頂きます。
施術費用のめやす
鼻中隔延長術 ¥600,000~¥900,000(税別)
詳しい施術費用一覧はこちら
未成年の方が、各種美容診療(自由診療)を受診される場合は親権者の同意が必要となります。
右の同意書ダウンロードボタンより同意書のご用意をお願いいたします。 同意書のダウンロード

ご相談・お問い合わせ

この症状または施術に関するのお問い合わせは、下記より必要事項を記入の上送信してください。
※お急ぎの方のご相談はお電話(03-5489-0333 月-金11:00-20:00 / 土・祝10:00 - 19:00)にてお問い合わせください。*は必須項目

お名前 *
お電話番号 *
メールアドレス *
ご相談内容 *