みずむし(水虫)の治療について 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
恵比寿駅徒歩2分 各種保険取り扱い

tel:03-5489-0333
月 - 金 11:00 - 20:00 土・祝 10:00 - 19:00

お知らせ

みずむし(水虫)の治療について

みずむし(水虫)は白癬菌というかびの一種による感染症です。同じ感染症でも、ばい菌による感染症とは、異なります。足にできることが多く、症状としては足がかさかさになったり、小さいみずぶくれ(水泡)ができたりします。さらに症状が悪化した場合、水ぶくれ(水泡)が破れてじくじくになったり、赤くなってかゆくなったりして、皮膚の炎症を伴ってきます。さらに傷からばい菌が入ると痛みを伴って腫れたりする場合もあります。
治療法としては、抗真菌剤の外用が一般的なのですが、薬局などでで(みずむしの薬)として売られているものは、主にみずむし菌(白癬菌)を殺す抗真菌剤ですので、皮膚の炎症や二次的なばい菌感染には効果がありません。
ですので、ひとくちにみずむし(水虫)といっても、その時々の症状に応じた治療法や治療薬が必要になりますので、まずは最寄りの皮膚科医療機関を受診されることをおすすめします。

前のページへもどる