眼瞼下垂の原因と種類 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
恵比寿駅徒歩2分 各種保険取り扱い

tel:03-5489-0333
月 - 金 11:00 - 20:00 土・祝 10:00 - 19:00

形成外科

眼瞼下垂

眼瞼下垂の原因と種類

眼瞼下垂にはその発症原因により幾つかのタイプに分かれます。
この原因に合わせて適切な治療や手術をおこないます。

腱膜性眼瞼下垂
腱膜性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂は、瞼を持ち上げる筋肉と瞼のつながりが弱く瞼を持ち上げる力をうまく伝わらないために、瞼が垂れ下がってくる眼瞼下垂症です。
コンタクトレンズ長期使用やパソコンなどの画面をお仕事などで長時間目を酷使している方、アレルギーなどで慢性的に目をこする頻度の高い方などが原因で発症します。進行性ですので時間とともに症状はひどくなります。

老人性眼瞼下垂
老人性眼瞼下垂

瞼を持ち上げる筋肉はしっかりとはたらいていますが、それよりも前側にある瞼の皮膚が、加齢とともにたるみ、垂れ下がってしまうことで発症する眼瞼下垂症です。加齢による皮膚のたるみが原因ですので、誰でも発症する可能性があります。また、皮膚がたるむことで、まつげが目に入る込む、逆さまつげや、腱膜性眼瞼下垂を併発している場合もあります。

先天性眼瞼下垂
先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂は、生まれつき瞼を持ち上げる筋肉が弱かったり、筋肉を動かす神経に障害があって、うまく筋肉を動かせないことが原因で発症する眼瞼下垂症です。
症状としては腱膜性眼瞼下垂と同じような、目疲れ、肩こり、頭痛といった症状がでます。また、ほとんどの症例では片目だけ発症している場合が多いです。

同じ眼瞼下垂症でも上記のようなに原因はさまざまです。
それぞれの原因にあった治療や手術を行うことが大切になります。
続いては各原因にあった治療方法をご案内いたします。

続いて眼瞼下垂の治療・手術へ

ご相談・お問い合わせ

この症状または施術に関するのお問い合わせは、下記より必要事項を記入の上送信してください。
※お急ぎの方のご相談はお電話(03-5489-0333 月-金11:00-20:00 / 土・祝10:00 - 19:00)にてお問い合わせください。*は必須項目

お名前 *
お電話番号 *
メールアドレス *
ご相談内容 *