眼瞼下垂の症状 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
恵比寿駅徒歩2分 各種保険取り扱い

tel:03-5489-0333
月 - 金 11:00 - 20:00 土・祝 10:00 - 19:00

形成外科

眼瞼下垂

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂とは瞼を持ち上げる力がうまく伝わらず、瞼が垂れ下がった状態となります。
このため、視野が狭くなり、目が見にくくなります。このような瞼の状態になると
体に以下のような症状が発生します。

目疲れ
目疲れ

眼瞼下垂は視野が狭く、物が見づらくなるため、目を開こう瞼に力を入れた状態を長時間続けることとなります。このため瞼を持ち上げる眼瞼挙筋は疲れ、筋肉疲労 が起こります。これが目疲れとして感じられるようになります。

肩こり
肩こり

眼瞼下垂の症状がでると、視界の上部が瞼により見づらくなります。このため、顎を上げて頭を後ろに傾けて視界上方を見る形となります。この状態が繰り返し続くことで首から肩にかけての筋肉が緊張し肩こりなどの症状が出てきます。

片頭痛
片頭痛

目を開こう瞼に力を入れた状態を長時間続けることにより、肩や首、顔の筋肉は常に緊張状態が続きます。この状態が続くことで、脳自体も興奮状態が続きイライラや頭痛が発症します。

おでこにしわ・老け顔

目を開く力が瞼に上手に伝わらないために、目を開くためにおでこにある前頭筋という筋肉も使われます。この筋肉は主に眉毛を持ち上げる筋肉のため、この部分が働くと当然おでこに太いシワが入ります。

瞼が重く眠たげ

瞼が目にかかるため、瞼が重く、眠たげな印象に見えてしまいます。また、常に瞼に力をいれるため、夕方ごろには目を開けることそのものをつらく感じます。

上記のような症状を感じられている方はぜひ一度ご相談ください。
眼瞼下垂は保険診療にて治療ができます。

続いて眼瞼下垂の原因と種類へ

ご相談・お問い合わせ

この症状または施術に関するのお問い合わせは、下記より必要事項を記入の上送信してください。
※お急ぎの方のご相談はお電話(03-5489-0333 月-金11:00-20:00 / 土・祝10:00 - 19:00)にてお問い合わせください。*は必須項目

お名前 *
お電話番号 *
メールアドレス *
ご相談内容 *