エラ削りによる施術 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
恵比寿駅徒歩2分 各種保険取り扱い

tel:03-5489-0333
月 - 金 11:00 - 20:00 土・祝 10:00 - 19:00

美容外科

輪郭形成

エラ削り

どこから見てもきれいな形の小さな輪郭にするために、顔の角部だけにとどまらず、下顎体部からアゴに近い部分まで広範囲に骨切りすることが必要です。正面顔は外板切除術で小さくし、横顔は曲線的に下顎角を骨切りすることにより、滑らかな曲線を形成し、美しい輪郭を実現します。口の中から手術を行ないますので、外側に傷が残りません。

こんな症状の方はご相談ください

こんな症状を感じられる方は一度ご相談ください。

●小顔にしたい方
●正面顔を小さくしたい方
●角張ったフェイスラインをなめらかな曲線にしたい方
●卵型の輪郭にしたい方
  • 施術前
    施術前
  • 施術後
    施術後

エラ削りのイメージ

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    カウンセリング

    医師とのカウンセリングの上、施術方法やデザインの検討をいたします。

    1
  • 施術・検査
    施術

    患者さまに合った形で施術を行います。

    2
  • 経過観察
    施術後

    術後の過ごし方については、カウンセリング時に詳しくご説明いたします。術後1~2週間位までの食事は、熱いもの、堅いもの、辛いものなどの刺激物は避けてください。

    3

主な治療方法

解剖学的に、エラは「下顎角」といいますが、それはどこでしょうか? 実はそれは、横から見たときと正面から見たときと、同じ「エラ」でも微妙に違う位置にある骨を指しています。 このことから、横から見た「エラ」だけ、つまり下顎角だけ削っても、正面から見たときには小顔になりません。 多くの方が求めているのは、正面から見た顔の横径を狭くするためですので、当院では以下の施術をお客様に合わせて行います。

■正面顔での横幅減少手術
正面顔における横幅減少手術として適応となるのは、骨格性の要素として、下顎角部の骨切り手術(エラ削り)ではなく、下顎体部を中心に下顎骨の厚みを減少させる手術(下顎骨外板切除術)ということになります。 正面顔で横幅を決定する重要なもうひとつの要素が、咬筋です。咬筋が発達している人は、肉厚な感じで横幅の広い顔になります。ですので、状況により咬筋を萎縮させるためにボトックス注射を併用したほうが良い場合があります。

■横顔での下顎角(エラ)削り
横顔では、角部(エラ)の位置、下方・後方への張り出し程度によって骨切りラインを決定し、骨を切除して調整を行います。

実際には、大多数の患者さまは、正面、斜め、側面とあらゆる方向からのフェイスラインを気にされており、上記2種類の手術を同時に加味し、行なうことがほとんどです。
エラ削り
施術費用のめやす
エラ削り ¥1,000,000(税別)
詳しい施術費用一覧はこちら
未成年の方が、各種美容診療(自由診療)を受診される場合は親権者の同意が必要となります。
右の同意書ダウンロードボタンより同意書のご用意をお願いいたします。 同意書のダウンロード

ご相談・お問い合わせ

この症状または施術に関するのお問い合わせは、下記より必要事項を記入の上送信してください。
※お急ぎの方のご相談はお電話(03-5489-0333 月-金11:00-20:00 / 土・祝10:00 - 19:00)にてお問い合わせください。*は必須項目

お名前 *
お電話番号 *
メールアドレス *
ご相談内容 *