北村先生による婦人科形成術について 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
恵比寿駅徒歩2分 各種保険取り扱い

tel:03-5489-0333
月 - 金 11:00 - 20:00 土・祝 10:00 - 19:00

美容外科

エビクリの婦人科形成

デリケートな部分もエイジングケアで美しく

女性外性器のなかで最も多い相談が、小陰唇に関するものです。年齢と共に体は変化します。それは、女性器も例外ではありません。 そもそも、細かい形態には個人差があり、“正常な形”という設定が存在しない部分ではありますが、 小陰唇が外にはみ出していたり、左右の大きさが不揃いだったり、 色が黒ずんでいたりと、 陰部の悩みを抱えている女性は、実はとても多いものです。これらの中には経年変化によるものもあります。 また小陰唇肥大を放置することで肥大した小陰唇は下着に擦れ、痛みや腫れを伴う場合や、汚れが付着し臭いの原因にもなりやすく、 必要以上に衛生面に気を使う必要があります。デリケートな皮膚のため、肥大部分は傷つきやすく、炎症を起こす恐れもあります。

女性外性器のなかで最も多い相談

小陰唇縮小術

小陰唇縮小術とは肥大した余分な皮膚を取り除いて、女性のお悩みを解決する手術です。 この手術により、左右の形を揃え色素が沈着して黒ずんだ部分を除去することが可能です。 “正常な形”という設定が存在しない部分ではありますが、形成外科専門医の繊細な技術ならではの、 切開デザインのアレンジにより、左右不揃いな小陰唇もバランス良く治すことができます。

小陰唇縮小術
詳しい施術についてはこちら

副皮切除術

副皮とは、小陰唇の前方にあるヒダで、クリトリス包皮に連続しています。全くない方や、2重3重にある方、片方だけある方もいます。 小陰唇と区別がつきにくく、混同されている場合も多いです。副皮のある方は、小陰唇肥大や陰核肥大、陰核包皮の余剰を合併することが多く、全体のバランスを考えて小陰唇縮小術や陰核包皮形成術(クリトリス包茎手術)と合わせて手術されることをお勧めしています。
副皮切除術
詳しい施術についてはこちら

クリトリス包茎術

陰核を包む皮の被さりが多いと、分泌物や垢が溜まって不衛生になったり、匂いの原因になることがあります。この手術は、陰核に被さる皮を切除し、陰核が露出しやすくなるように縫合するものです。小陰唇肥大に合併することが多いので、同時に手術することも可能です。
クリトリス包茎手術
詳しい施術についてはこちら

大陰唇縮小術

大陰唇は、加齢による脂肪の萎縮や皮膚弾力の低下などで、たるみやしわができることがあります。このたるんだ部分を切除することで、大陰唇にハリ感を出すことができます。
大陰唇縮小術
詳しい施術についてはこちら

大陰唇肥大術

加齢や体型の変化により、大陰唇の脂肪が痩せてボリュームが減ってしまうことがあります。 このような場合、ヒアルロン酸や脂肪注入で大陰唇のボリュームをふやすことができます。
大陰唇肥大術
詳しい施術についてはこちら
女性顧問 北村 珠希

医師 北村 珠希

日本形成外科学会認定専門医 / 日本美容外科学会認定専門医 / 日本抗加齢医学会認定専門医
女医として、女性特有の婦人科形成手術に専門的に取り組んできました。 多くの症例経験に基づいたデザイン力と、形成外科的な技術により、 あなたのお悩みを解決します。また、婦人科専門医とのチーム診療体制で、 外陰部のイボやおできなどの診療も承っております。

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    カウンセリング

    まずはお悩みをご相談ください。患者さまの状態やご希望を検討の上、最適な施術をご提案いたします

    1
  • 施術・検査
    施術

    剃毛後、手術のデザインを行います。その後、術式に合わせた麻酔を行い、手術に入ります。

    2
  • 経過観察
    施術後

    術後は丸めたガーゼをあてて、きつめのガードルで圧迫します。抜糸は溶ける糸の場合は不要となります。ご希望により非吸収系の糸で縫合後、後日抜糸も可能です。

    3
未成年の方が、各種美容診療(自由診療)を受診される場合は親権者の同意が必要となります。
右の同意書ダウンロードボタンより同意書のご用意をお願いいたします。 同意書のダウンロード
ご予約はこちら